廃校になった校舎の再利用が産む、意外な効果?

00000296961339main image
ヘルメット潜水(株)の工場で、大きな窓を前にミシン作業をする従業員。 窓をぼんやり眺めながらできる作業ではないが、それでも窓はあったほうが落 ちつく【撮影/工藤裕之】

依然、毎月国東市へ趣き、地元企業の情報発信力を高めてもらおうと、メディア制作に関するセミナーを開催している。別な取材も兼ねて、今のところ行く度に地元の企業の訪問を行っているのだが、これまで訪れた6社のうち2社が製造工場に廃校になった中学校の校舎を利用していた。けっこうな確率である。

少子化による学校の休廃校は都市も地方も同じく起こっていることであり、この20年間で毎年400校前後が廃校になっている。一方千葉県の新浦安地区は、宅地開発に伴い、都市部でも珍しく10年ほど前に新設校が増加した。しかし開発が終わればまた少子化になる、という見込みから、校舎は始めから廃校後に図書館や美術館になるよう考えて設計されているという。実際の廃校舎再利用でも、都市部では東京の旧池尻中学校を再利用した世田谷ものづくり学校など、起業支援とか、ギャラリーとか、NPOとか、なんというかいかにも今風な施設に利用されているケースを多く目にするのだが、実際は国東のようにかつて学校だったこととは無関係に実用されている例のほうがはるかに多いようだ。

今回取材したうちの1社である、ウェットスーツ素材で湯たんぽを開発し、全国的にも知名度を上げているヘルメット潜水(株)の伊賀社長によると、単に工場が手狭になったので、工場閉鎖などの情報に詳しいであろう県に物件に関する情報を依頼していたら、廃校になった校舎の利用を薦められたのだという。

何十年かぶりに学校の建物に入ってみると、建物としての校舎の一番の特徴は、窓が大きく、自然光がたっぷり入ることだと気づいた。本来、工場の建物には窓がないことのほうが多いわけだが、旧校舎で作業している人たちを見ていると、自然光を浴び、季節の移り変わりを目にしながら仕事をすることは、作業のストレスを軽減するのにも役立っていそうな印象を受けた。なにより、かつて大勢いた子供たちの息づかいが、建物全体を優しく包んでいるような温かい感触を呼び起こすのだ。

都会人は、かつて学校であったからにはアカデミックな施設にすべきである、というような、頭でっかちな考えを持ちがちだが、大田区や下町の町工場などをどんどん誘致すれば、ここでなら働いてみたい、という人間も増え、後継者を探すのにも役立ちそうな気がするのだが。

Written by

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
writer
00000321030633image
重信裕之
株式会社 アッシュ&カンパニー代表取締役
文筆業/編集業/メディアコンサルティング

1961年生 神奈川県横浜市出身
中央大学経済学部経済学科1984年卒業

●株式会社リクルート『住宅情報』編集部を経て、1988年から角川書店に在籍。20年の在職中7年間をアニメ・ゲーム関連、残りは「ウォーカー」シリーズを中心とした都市情報誌関連の雑誌編集部に在籍。1994年から15年間は編集長として5つの雑誌に関わり、モバイルサイト制作の子会社の立ち上げなどにも参加。
●2009年に退社・独立。これまでのノウハウを活かし、メディア開発を中心に活動中。紙、Webに続く第三のメディアとしての商業施設の可能性に注目し、商業施設運営会社とアライアンスを組み、施設の情報発信に関するコンサルティング、メディア制作などを手がけている一方、地道に紙メディアの新たな可能性も模索中。
●agreenでは国東市の情報発信力強化セミナーの講師を担当するほか、『agreenものがたり』サイトのディレクター

編集長を務めた雑誌
『月刊ニュータイプ』『月刊ゲームウォーカー』『シュシュ』『東京ウォーカー』『千葉ウォーカー』

0000029696133906
シイタケの栽培から粉末だしなどの製品化までを一環して行う(株)国東ファームでは、旧校舎の前に栽培用のほだ木が並ぶ
0000029696133907
【撮影/工藤裕之】