【第一回】知って役立つ色彩講座~色の基本~

00000331974406main image
セミナー風景①

梅雨が明けた少し汗ばむような季節に、石川県能登半島を訪れました。能登は初めての訪問です。 能登空港は東京から1時間。飛行機に乗ったらあっという間に着いてしまうという大変便利な場所に位置しています。空港から町までの移動で、何とも言えない緑の美しさに圧倒されました。時季も時季だけに緑色もより深く、道を行くだけでも前後左右からマイナスイオンに包まれるようです。緑がただ美しく自然がいっぱい!という言葉では物足りない……行ってみて、足を踏み入れたからわかる、そんな不思議な場所です。特に女性にはぴったりの場所。コンパクトだけど食もお酒も充実しているので、1泊2日のプチトリップというには最高の場所と言えるでしょう。

そんな自然溢れる能登半島にある、今回は能登町の商工会様から色のセミナー開催の御依頼を頂きまして行ってきました。「知って役立つ『色』の知識」ということで、商品開発に役立てるための色の基本講座です。見ているだけで感じられる色の世界を細かい具体例をあげながら2時間ギッシリお話しさせて頂きました。

受講者の方々は、能登を基盤に全国を飛び回るお仕事をされている方もいらっしゃいましたが、基本は地場産業の方々。性別も年齢も様々です。更には真剣に色について話を聞くのは今回が初めてという方ばかり。どんな話が待っているのだろう…という皆さんのワクワクした気持ちのお陰か、スタート前によくある張り詰めた会場の空気はこれっぽっちもなく、話し手には大変有難い気持ちのよい空気感が出来上がっていました。

そんな初めての能登セミナーですが、下記のような内容を中心にお話を進めさせて頂きました。

・色の仕組み

・色の見え方

・色の心理効果

・色の意味(プラスとマイナス)

・人の色、物の色

・愛される人や物にはワケがある

等など・・・

今回は初めてということもあり、色の基本から好きな色似合う色についてなど、幅広くお話しさせて頂きました。 セミナー終了後には質疑応答の時間をとらせて頂きましたが、受ける人によっては色に対する考えや思いが異なるということもあり、頂く質問内容は多岐に渡るものでした。

今回特に印象的だったのが、赤は赤でもこうした赤もあればこういった赤もある。ピンクはピンクでもこんなピンクもあればこういったピンクもある。といったお話をさせて頂いた時のこと。 たとえば東京や大阪の講演で、赤なら赤、ピンクならピンクのイメージを問いかけた際、大抵答えが真っ二つに割れます。血液のような真っ赤を指す人もいれば、朱赤に近い温かみのある色みを選ぶ方も。ピンクも同じです。ショッキングピンクのような鮮やかなピンクを選ぶ人もいれば、サーモンピンクのようなふんわりとした色を選ぶ人も。 ですが能登では違いました。もちろんごく少数で違う答えを挙げていた方もいらっしゃいましたが、ほぼ9割の方がどの色に対しても同じものをお選びになられていたのです。

これについてはいろんな見解がありますが、一つ考えられるのが、幼い頃から大人になった今まで、あまり変化なく同じ環境の中に身を置いていることが大きく影響しています。中でも東京や大阪のように大きな繁華街のない能登では、色を幅広く捉え無意識に学んでいくには、今の環境では少々難しいのです。だからこそ色の基本、所謂12色のクレヨンにある色の展開こそがその色の代表だと頭で理解している場合が多いと思われます。もちろん原色と言われるものが色の基本であることは間違いありません。ですが長年生活をしていると、本来なら自然に色幅が増えてくることが理想です。でも実際これがなかなか難しく、都会に住んでいても絶対大丈夫とは一概に言えず、都会に身を置いていれば誰もがセンス良くなるか?というと、そうとも言い切れません。

ただ、色というのはこれが面白いのです。同じ内容のものを見て聞いていても、受ける印象は十人十色なのです。よく「どうやったらセンス良くなるのですか?」と聞かれますが、まずはどこに、どんな環境の中に自分の身を置くか、更には小さなきっかけでも良いので、色に自ら興味を示すこと。意識的に色幅を増やしていくトレーニングをしていくことが大切と言えます。 センスは生まれ持ったもの…そんな言葉をよく耳にしますが、いくらでも頭の構造を変化させていくことはできます。実際私がそうでしたから(笑)。 日本の教育には、色について考えるという時間はあまりありません。ですので色を覚えたり慣れ親しんでいくには、生まれ育った環境やその人の性格や想い、色に対する興味の有無も重要なのです。

朝起きてから夜寝るまで、ただ平凡に時間を過ごしているのでは身につきません。特に色は学べば身につく、というものでもありません。基本をベースにそこからどういったことが可能か、どんな風にイメージ展開出来るかなど、受ける側の想像力次第で如何様にも見え方が変わってくることを、是非とも今回のセミナーを通して気づいてもらえたら幸いです。

Written by

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
writer
00000337384698image
七江亜紀
color consulting Lustre 代表 / 色のひと(R)
トータルカラーコンサルタント

「色」 をキーワードとして、個人・企業向けにコンサルティングを行う。ON、OFF に関 わらず、スマートでラフな暮らし方を演出し、見て、居て、心地良くなる空気感作りに力 を注いでいる。お客様のお悩みに「色」で応え、「色」で価値向上を図るをモットーとす る。カウンセリングから理論、実践まで、丁寧かつ分かり易いコンサルティングには定 評があり、トータルカラー&イメージブランディングコンサルティングは常に数ヶ月待ち となっている。フードコーディネーターやパーソナルスタイリストとしても才能を活かし、 最近では雑誌やウェブ、ラジオ、講演会などジャンルにとらわれず精力的に活動中。 また、これまでの経験を活かし、地方の活性化を支援する一般社団法人agreen の理 事として、地場商品のマーケティング・商品企画などのアドバイザーとして新商品の開 発を支援している。著書『働く女性のための色とスタイル教室(講談社)』『色とスタイ ル練習帖(講談社)』はロングセラー、新刊ムック『知って役に立つ色の事典(宝島社)』 は2 ヶ月で4万部を超えるヒット作となる。年末には台湾より、来春には宝島社から新 刊発売予定。

0000033197440612
セミナー風景②